Otama's Playground

AIで遊んだ結果などをつらつら載せていきます。

Dockerで始めるStable Diffusion: WebUIの導入手順と画像生成の実践

使い勝手重視でStable Diffusionを簡単に使用できるツールを探してきました。

実行方法

今回は簡単に実行できるようにしてくれた先人に感謝しながら↓のリポジトリを利用します。

github.com

必要なもの

  • git
  • Docker
  • NVIDIA GPU(ある方が早い)

作業内容

↓のコマンドを叩きます。アプリのコンテナ起動完了後(数十分かかった)にブラウザからhttp://localhost:7860へアクセスしてください。パラメータ変更その他はSetup, Usageを参考にどうぞ

// 作業ディレクトリの作成と移動
mkdir workspace
cd workspace

// 作業ディレクトリにcloneしてくる
git clone https://github.com/AbdBarho/stable-diffusion-webui-docker.git .

// download(downloadが終わるまで待つ)
docker compose --profile download up --build

// アプリの起動(以下のいずれかを実行)
docker compose --profile auto up --build 
docker compose --profile auto_cpu up --build // CPUで実行する場合はこちら

できた!(stable-diffusion-webui)

UI

あとはprompt入れてgenerate押すだけです。

AI生成画像1

おまけ

チューニングされたモデルがネット上に大量に転がってるのでそれらを使えばテーマに沿った画像を生成しやすくなります。

例えば↓のサイトとかに大量のモデルがあるので、自分好みのモデルを探してみると楽しいかも。 civitai.com

最後にAI生成画像1と同じプロンプトで異なるモデルを使用した場合の例を置いておきます。

アニメ調モデルの場合

AI生成画像2

リアル系モデルの場合

AI生成画像3